Home > アーカイブ > 2012-06

2012-06

出前講座にお伺いしました(せいび四季が丘保育園)

日 時:H24年6月9日(土) 10時~11時
場 所:井原市 せいび四季が丘保育園
対 象:保育園児のお父さん、お母さん 約70名
テーマ:いやいや時期をどうのりこえる?
内 容:子どもの成長発達の特徴を知り、親としての関わり方のヒントを探していきましょう。
講 師:赤迫康代
  
落ち着いた雰囲気の園舎へお邪魔すると
優しい園長先生、保育のベテラン副園長先生が笑顔でお出迎えをして下さいました。
その日は保育参観日。
お父さん、お母さんが子ども達のあそびを参観されたり
保護者懇談をされている様子を見せて頂きました。
 
1歳半から4歳くらいまでの時期、
子ども達には自我のめざめがやってきます。
日常の色々な場面で「どう対応したらいいの?」という迷いに出会いますよね。
初めての子育ては、迷ったり、悩んだりのくりかえし。
でも、何かの瞬間、わが子の成長を感じた時、嬉しくなったり、ほっとして
また、「この子のために頑張らなくっちゃ」という気持ちが湧いてくるから不思議です。
 
保育園にお子さんを預けてお仕事を頑張っておられるお父さん、お母さん。
仕事と子育ての両立は、時間との戦いでしょうか。
限られた時間での子どもとのふれあいになりますよね。
毎日、寝る前に絵本を1冊読む・・・
お料理をする時は、となりでたまねぎの皮をむいてもらう・・・
忙しいお父さんは、朝のお着替え係になってもらう・・・
など、大好きなお父さん、お母さんといっしょに何かできるチャンスが
毎日少しずつあったら、その積み重ねが親子の絆になるのでしょうね。
 
お仕事でお忙しくされていると、
なかなか子育ての勉強会に参加する機会が少ないかもしれません。
今回のように
保育園で計画してくださることは
本当に貴重な機会だと思いました。
 
保育園での出前講座、みなさん熱心に聴いてくださって、ありがとうございました。
 

10周年記念行事を開催しました

10周年記念行事を開催しました~子どもにやさしいまちをめざして~

176名の方がたにご参加いただき、

  温かい祝福につつまれる感動の一日となりました。

日時:平成24年4月8日(日) 場所:長船ゆめとぴあ

       

 

【ひこうせん10周年のあゆみ:発表者 赤迫康代】

10年前の発足当時から伝え続けてきた「子ども達は人と人との温かいつながりの中で育つことが大切」という想い。

15人の想いがどんどん伝わり、広がり今ではたくさんの方に賛同して頂けるようになりました。 

これからも、「ここで育ってよかった」といえるようなまちをめざして、地域の皆さんとともに歩んでいきたいと思います。

【特別記念講演:講師 汐見稔幸先生】

子どもの豊かな育ちにとって必要なのは                                                                     「地域の中で放牧状態で遊びながら育つ環境」「家事や労働によって、人の役に立っている感覚」「家族の団欒と、親が一生懸命やっている姿を見ること」という3つのサイトである。

それらを、今の時代にあった形で取り戻しましょう!と力強く語ってくださいました。

【交流会】

ひこうせん10周年記念行事に
駆けつけてくださり
本当にありがとうございました。

また、たくさんの方が
本当に温かいお言葉をくださって
何度も、胸がいっぱいになりました。

いろいろな苦労があっても
子ども達やお父さん、お母さんたちの笑顔に出会うことへの喜びの方が大きかったから
今までがんばれたのだと思います。

この活動をしていると
大好きな人がたくさん増える一方で、私たちは本当に幸せです。

これからもどうぞよろしくお願いします。 (ひこうせん一同)


       

Home > アーカイブ > 2012-06

最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
« 2012 年 6月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク

Return to page top